2010年05月26日

「子供への思い変わらず」=父親が文書でコメント―連続児童殺傷から13年・神戸(時事通信)

 「どれほど時間がたとうとも子供への思いは変わりません」―。1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、小学6年土師淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で13年を迎えるのを前に、父親の守さん(54)は22日までに、弁護士を通じコメントなどを文書で公表した。
 守さんは「事件が起きた13年前に比べ、被害者を取り巻いている状況はかなり改善しました」とした上で、4月に殺人罪などの公訴時効が撤廃されたことや、2008年12月から始まった刑事裁判での被害者参加制度に触れた。
 この中で公訴時効見直しについて、「時間がたてばたつほど、悔しさや無念さが増していき、一刻も早い犯人逮捕を望む」被害者の思いに応えてくれたと評価。一方、被害者参加制度については、被害者問題に精通した弁護士が少ない問題点を指摘。「犯罪被害者や遺族にとって、さらに意義のある制度になるよう支援をお願いしたい」と述べた。
 土師さんは19日、弁護士を通じ加害男性から手紙を受け取った。内容は明かさなかったが、「彼自身の内面的な成長を感じることができた」という印象を持ったという。ただ、加害男性の状況について情報を得ることはできず、「今後も粘り強く交渉していきたい」と述べた。
 さらに、記者の質問に対する回答では、「1年に1度でも、私たち遺族に手紙を書くことは非常に重要ですので、今後も継続してほしい」と加害男性に求めた。 

【関連ニュース】
服役中の男に死刑求刑=薬局経営女性の強盗殺人
被害者参加人、被告殴る=死亡事故、無罪主張に
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
わいせつ殺人、起訴内容認める=遺族の夫が被告に質問-43歳男の裁判員裁判・静岡

九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側―福岡地裁(時事通信)
刑務所の革手錠暴行、国に8900万円賠償命令(読売新聞)
一定地域内の全頭処分を検討、口蹄疫で官房長官表明 首相、政府対応の問題認める(産経新聞)
普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)
首相「辺野古」表明、沖縄と社民は強く反発(読売新聞)
posted by フジノ トシ at 20:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出会いは京の町から♪京都の女の子はいつも人気ランキング上位!!そんな奥ゆかしい京ガール達と気軽に出会えるサイトがついに誕生☆出会いの都、京都でステキな京ガールと出会っちゃおう!
Posted by 京都 出会い at 2011年05月26日 17:30
脱童貞大作戦!!早く童貞を捨てたい人必見!童貞が大好きな女子が集まるサイトが誕生!ドSでドエロな肉食系女子が集まるこの出会いサイトで童貞を奪ってもらっちゃおう☆
Posted by 出会い 童貞 at 2011年06月19日 11:33
チェリーボーイ大作戦では童貞のための掲示板とお相手をご用意してお待ちしております。当サイトではあなたの大事な童貞を奪いたいと狙っている肉食系女性会員が溢れています。淫らな女性の欲望を叶えてあげませんか?
Posted by チェリーボーイ at 2011年06月24日 21:33
目指せ!童貞卒業!!あなたの童貞卒業期待度をチェックできるサイトが誕生しました!この夏は童貞卒業のチャンス!あなたは実は童貞卒業目前かもしれません!?
Posted by 童貞 at 2011年08月01日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。